FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デイヴィッド・ウィルコックのウィズダム・ティーチング(第175回 フル・ディスクロージャーへのカウントダウン パート3)

全訳はやめて、今回から要約しての翻訳です。ブレイン・ドレインの話は昨年公開の映画「トゥモローランド」のストーリーとそっくりです。映画ではタキオン・テクノロジーやポータル、アンドロイド、カバールの集合意識操作なども出てきて、ディスクロージャー満載の内容でした。




(パート2からの続き)
1 (5)

 ピートの情報は私もはじめて聞くことばかりでした。カバールの崩壊と同時に、情報があふれ出てきています。今は大事な時期であり、今起こっていることに関係する情報なので皆さんとシェアしたいと思います。
1 (2)

・今のところまだスノーデンの持ち出したデータの1.5パーセントしかリークされていない。
・公開されていない文書の大部分は秘密の宇宙計画に関するものである。
・火星で大規模に鉱山開発と製造が行われている。
・彼らは非常に高度に進んだ技術を開発している。

 軍産複合体による秘密の宇宙計画は、内部情報提供者のコーリー・グッドがGaia TVの番組「コズミック・ディスクロージャー」で証言しているものですが、NSAも情報を保持していたということになります。彼らには決して破ってはいけないはずのルールがありました。それを間違って破ってしまったのです。すべての情報を一緒くたにまとめてしまうことです。NSAがそれをやってしまいました。スノーデンがNSAから持ち出した残りの98.5パーセントの情報の中に秘密の宇宙計画に関するものがまざっているということです。秘密の宇宙計画に関してはそれぞれ独立した情報源から証言が得られています。まだカメラの前には出てきていない人もいます。コーリー・グッドも、これから大量のデータ・リークが起こる予定だと発言してきました。スノーデンの持つ98.5パーセントの文書が完全公開される予定があるということです。

 ピートはまた火星の複数の基地での鉱山開発や高度に進んだ宇宙テクノロジーについても証言してくれましたが、これはコーリーがこれまで語ってきた内容を裏付けるものです。

 ピートはまたブレイン・ドレイン(頭脳流出)についても証言してくれました。
1 (3)

・1950年代にひとつかふたつの都市で始まった。
・60年代初めには劇的に拡大した。
・集められた人員の4分の1はアメリカとカナダから。
・4分の3はヨーロッパを含む世界中から集められた。
・ブラジルでは公にして行われた。(つまり新聞などで人員を公募したということ)
・50~60年代にリクルートされた人員は5500万人から6000万人にのぼる。
 
 ブレイン・ドレインは最も優れた科学者たちを募って、最先端の素晴らしいテクノロジー開発の仕事にたずさわるチャンスを与える代わりに、自国を離れ、2度と帰らないことを要求しました。宇宙に行くことになるとは知らせませんでしたが、(ブラジルでは)新聞で大々的にリクルートしていたのです。さて、ここからは探偵の仕事です。当時のブラジルの新聞広告を調べればこの話の裏が取れる可能性が出てきました。
 
 またリクルートされた6000万人近くの人々は子供を作ることを義務化されたそうです。6000万人が子供を作るとなると、あっという間に人口は2、3倍になるでしょう。数世代経るとアメリカの人口と同じ約3億人くらいが太陽系をまたにかけて働いていることになります。その全員が高度な頭脳を持った科学技術者なのです。そしてその全員が高度な科学技術の開発に全力を挙げて取り組んでいると想像してみてください。地球上から最良の頭脳たちが連れ去られ、宇宙に連れていかれ、ETとコンタクトさせられ・・・ということです。

 もはやコーリーの証言だけではありません。ウィリアム・トンプキンスもいます。ピート・ピーターソンも正確に証言の裏付けをしてくれました。証言者のコラボで真実へと、完全情報開示へと近づいています。
1 (4)

・彼らは知的階級のトップのトップ
・おそらく地球上の科学技術の35年から40年先を行っている
・携帯電話より優れたコミュニケーション手段を持ち、ポータルで移動する技術もある
・月をはじめとして太陽系中のあちこちに組み立て式の住居を建設しており、それぞれ平均で6万人収容できる。

 ウィリアム・トンプキンスの著書「Selected by ET」でも組み立て式住居について述べられていましたが、トンプキンスがそれらを設計していた当初は2000人収容のもので、LEGOのように組み立てたり、仕切りを作って部屋を分けたり、他の場所に移動できるものという話でした。ピートの証言と重なる部分が大いにあり、複数のインサイダーの情報の符合には驚くべきものがあります。

 ピートはまたカバールを打ち負かすために組まれた同盟についての情報も提供してくれました。(続く)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。